2012年03月27日

我對春日的隨寫

【一】江邊的風箏
春天的三月裡,時令已過驚蟄,墭栱厝俥一陣陣帶著暖意的風,席捲著每一寸久被嚴寒包裹著的大地禮品公司
當冰雪漸漸消融的時候;當人心慢慢的走出寂寥空域的時候,面對這突如其來的熱情,是否會顯得有一些矯情,羞澀同不適的感覺存在,繼而是演變成為習慣,欣然的接受曾璧山中學
想來,芸芸眾生對於春天的到來都會有屬於自己的想法及希望的,即使是一隻風箏,也不例外。
週末的午後,與友人偶然的路過江邊,遠遠的便望見了那一隻只旋舞于晴空之上,撲閃於眼中的精靈。那確實是一道亮麗於春日里的風景,但心卻不由得為此而擔心起來。生怕它會隨著狂風暴雨的突至而跌落塵埃,或是折斷了羽翼,失去了高飛的夢想;或是掙脫了那根命運的引線,成為漫無目的的遊魂,不知道飄向了何方電話繩
而當它被塵封在盒子裡,或是被懸置於那冰冷的牆壁時,又不知它的心中是否又會湧起些許的哀怨與不甘曾璧山中學
然而,那隻無形的,看不見的手是否就是命運,我不曾知曉。我只看見一張張洋溢著歡笑的面孔,在和煦的春風裡如同一朵朵花的綻放,綻放在太陽升起的地方。
【二】2012年的第一場雨
春天的第一場雨是極為珍貴的,在經歷了漫長的等待以後,終於迎來了這普降的甘霖。
說起來那還是在早晨將近六點鐘左右,一聲高過一聲的犬吠把我從昨夜的一場迷夢中驚醒。徒自睜著惺忪的睡眼望向窗外,已不見了太陽的光芒,只覺出了一種陰陰的氛圍裡透著寧謐。然後便是無由的刮起了一陣緊似一陣沒有方向的風,還隱隱的夾帶著微微的怒吼聲。而那雨卻是在悄無聲息之中跟隨著風的漫無目的,在你不曾覺察的情況下到來的鋁窗工程
較為強勁的風依舊在不間斷的舞動盤旋著,雨亦在緊張的謀劃著下一場更大的詭秘行動。就在這時候,天卻突兀的放晴了,街道上盡是坑坑洼窪的水漬,卻不曾見到多少的泥濘。因在之前的幾天裡,是降過雪的,然後天就在驟然之間變得溫暖了許多,擁有了春天的氣息同味道了。而後便是這毫無頭緒的第一場雨的到來,從上午的十一時左右,一直持續到下午的擦黑時分medosan
就像是刀郎的那麼一首老歌裡所唱的一樣:2012年的第一場雨,比以往時候來的更晚一些……
聽天氣預報說明天還會有雨的,只是不知這雨會不會打擾了又一個週末的好時光。至少我想我是不會如是的。而明天應該是靜聽雨的節奏,讓心靈伴隨著自然的旋律飛馳,給自己一份好的心情,給自己一份好的盼望才是曾璧山中學 faciall |fullyou |miss you |peaccee |lineen12 |passionn |dislike you |shinyy |心心相印 |wish for you。  


Posted by hagdG at 17:45Comments(0)

2012年03月13日

我家的小白

小白是一隻白色的小狗,是同事在他家樓下撿回來的,婂栱厝俥剛抱回家時,生著病,一直咳嗽,估計是剛出生就被遺棄的。同事兩口子給牠餵藥,餵吃的,有了點精神後,抱到單位來。
初見牠時,牠就那麼一捧大,黑色的大眼睛總是淚汪汪的,眼下是兩道淚痕,小嘴巴黑黑的,向上翹翹著,兩隻大耳朵在兩邊耷拉著,總是找個黑黑的角落臥著或躺著,見了人也遠遠地躲著,眼光怯怯的,看著都可憐。給牠買來牛奶和雞蛋,慢慢餵養著牠。週末同事把它帶回家,禮拜一再帶回來時,眼見得不一樣,活潑了,還敢跟在人後面跑來跑去。也許是單位人多,不知誰就餵牠兩口,到底每天吃了多少,真的沒法計量了,只是看它每天拉那麼多便便,就知道,肯定吃多了。
電召出租車的功能決定了它應當屬於車輛調度的範疇,調度的目的也就是合理分配路網中的車輛,從而保持交通暢通。國外現狀談到電召出租車,就不得不提到車輛調度監控系統電召客貨車
這個週末我把它帶回家。一進家門,牠就在客廳裡來回跑,非常興奮,沒有一點生疏感。我不由分說,把牠抓到衛生間,給牠洗澡。水盆裡,牠怕極了,掙扎著,並發出輕輕的叫聲,我一隻手輕輕地摁著牠,一隻手給它打沐浴露,輕輕地給它洗,花灑也開得小小的,總算把牠身上的沫沫沖洗乾淨,牠就一下子掙脫出來,沒等我給牠裹上毛巾,牠就跑到客廳裡,瀝瀝拉拉弄了一地的水,哆嗦著,躲著我。我給牠用毛巾擦了擦,然後用電吹風開到熱風,用低檔位,生活品味慢慢給它全身吹乾。等身上乾透了,他的小尾巴已經搖的像是招了風的小旗幟似的。
傍晚,一家人帶他去廣場散步,一出門,他就不走了,好像看到一個不一樣的世界,蹲在地上左看看右看看,老公只好抱著牠去。華表前,遊人多,可能是小白沒有出過門,看著哪個人都新鮮,別人一逗,就跟在別人後面走,也許是太小了,白白的,特招人憐愛,一撥一撥的人逗牠玩兒,和牠照相,看來這小子還挺喜歡這些,無論別人是抱也好,托著也行,牠逗非常配合,幾個回合下來,還會擺POS了時尚網
有時候真的感覺小白和別的小狗不一樣,別的小狗,一看到同類,很激動,圍著玩,可是小白遇到同類一點激動的樣子都看不到,也不看,牠喜歡跟在漂亮姑娘的背後。一隻小泰迪,看到小白,很高興的圍著牠又蹦又跳,用嘴拱,用爪子撓,而小白不帶搭理的,實在被鬧得急了,就起來用爪子打泰迪,還用嘴咬,威脅泰迪,把泰迪打翻打倒,泰迪主人不好意思地說泰迪笨蛋,女兒戲稱小白是“實干家按揭顧問”。
小白好像很怕孤獨,我怕牠亂撒尿,就想把牠先放衛生間讓它撒完再出來,可是我一關門,牠就不情願的跑到門口對著門輕聲的叫,女兒不忍,總是打開門把它放出來。兩次之後,我給它什麼東西哄牠跟我去衛生間,牠都不去,Claire Hsu實在抵制不住誘惑,就站在門口,屁股朝門外喝小盆裡的牛奶,一看我要出去,先跑出來,我很無奈,只好把它拎進去,只要我沒把門扣死,牠就拱開,自己出來了。厲害紅酒櫃
小白很饞,誰給它東西吃,就听誰的話。老公喜歡牠,總是趁我不注意,給牠買香腸吃(我是怕牠吃多了拉稀,控制別人餵牠吃別的),老公叫小白嗅一下東西,扔出去,再讓它去撿回來,小白就跑的飛快執行他的命令,而我指使牠撿東西,牠很少執行我的命令。每次往他的小盆裡到牛奶,小白就不等你倒完,就把腦袋伸進去,所以腦袋上總是被我倒上了幾滴牛奶,擦不淨,乾了腦袋上就有幾綹,像是愛臭美的孩子,在劉海打了摩絲。很有型!
小白太淘氣了。禮拜一早上,我把牠放紙箱裡,準備帶回單位,就這麼一放,我才發現,這才兩天牠又長大了不少,週末帶牠回家時,紙箱顯得很大,小白在紙箱裡可以隨便掉頭,這才禮拜一,牠已經不能再在這個紙箱裡隨便掉頭了。剛下車,已經快到單位門口了,牠突然就從紙箱裡跳了出來,腦袋一下子就觸到地板了,牠麻溜儿的爬起來,可腦袋歪了,我嚇毀了,心想這下把小白摔出毛病了,誰知牠把頭朝左邊一扭又往右一扭,好了!虛驚一場,關鍵是牠太小了,離地又高啊!看來牠不僅體格長大了,還長壯實了。
單位門前的台階上和門裡一米多寬的距離鋪著紅地毯,小白總是在門裡距離紅地毯又半米的距離處拉便便,從來不上地毯。上午時,我看它像是想要撒尿,就把它抱出門口,香港旅行社一日遊體驗想讓它在門外的水泥地上撒完再把它抱回來,可牠就是不在外邊撒,我回到辦公室拿些東西,回走到門口,看到小白被那個紅地毯拌的幾步一個馬趴,牠還是連滾帶爬拼命進到大門裡邊,我仔細看牠,原來是他的爪子上指甲很長,地毯的紋理又粗了些,總掛牠的爪子。又一個馬趴之後,牠可能發現倒著回來,指甲不怎麼被掛吧,後退著慢慢的、終於邁過了這道坎坷。更為可笑的是,過去地毯,牠又在距離地毯的半米處拉了便便,這個固執的小傢伙!撤消修改  


Posted by hagdG at 13:05Comments(0)

2012年03月10日

過ぎ去りし昭和30年代に、

先ほど、小庭に雨が降る情景をぼんやりと見たりした後、
机の脇にある本棚から一冊の本を取りだして、見たりしていた。
正井泰夫(まさい・やすお)氏が監修された『東京の昭和』(青春出版社)であり、
副題として『図説 地図で暮らしを読む東京の牙齒矯正昭和』と題されている。

私は東京郊外の世田谷区と狛江市に隣接した調布市の片隅みで、
1944〈昭和19〉年に生を受けた67歳の身であるが、
定年退職した翌年の2007〈平成17〉年の晩秋に、
たまたま本屋で見かけて、懐かしさの余り買い求めた雑誌であった。

先ほど何気なしに《路面電車》のページを読んだりしていて、
そうだったよねぇ、あの頃は都心でも盛んに『都電』が走っていたよ、
と私は心の中で呟(つぶや)いたりした・・。

都心に住む若い世代の人には、都電と綴ってもお解りにならないと思うが、
東京の都心で昭和30年代は路面電車が隈(くま)なく走っていた・・。


私が地元の小学校に入学した19ね51〈昭和26〉年の春、
この頃から母に連れられて京王線の金子駅(現在・つつじが丘駅)から新宿駅まで乗車し、
母はデパートなどで、年に数回ぐらい買い物をしたりしていた。
或いは父の妹の叔母に連れられて、親戚が筋膜炎住んでいる高幡不動駅まで電車に乗ったりしていた。

その後、私は小学4年の頃から、圧倒的に映画に魅せられて、
独りで映画館に行ったりしていたが、あくまで近場の布田駅、調布駅、
或いは千歳烏山駅の映画館であった。

私が小学6年の1957(昭和32)年の時、
次兄から有楽町で洋画のロードショーを観に行こう、と誘われた。

この頃の私は、電車に乗ってきたが、乗り物に酔いやすい少年であった。

次兄に導かれて、私は京王線で新宿駅まで30分前後で到着したが、
何となく気分が悪かったたりした。

新宿駅より西口の地下ガートを通り、確か歌舞伎町の前の大通りの中央に、
都電の新宿駅があり、築地駅、月島(通り8丁目)駅方面に行ったりしていた。
そして私たちは数寄屋橋駅まで利用する為に乗車した。
確かこの当時の都電の電車賃は、終点の築地まで乗っても、13円と記憶している。

私は初めて乗った都電は、一両編成で大通りを走ったが、
自動車も両脇に走って折、繁華街、ビル街が車窓から観え、
その上、都電は揺れるので、気分が悪くなった。
普通の電車のように枕木、砕かれた石などの弛緩材などはなく、
敷石の間に線路を敷いていたのでwebsite promotion、揺れるのであった。

私は次兄に、
『まだ・・遠いいの・・』
と私は言った。

『もうちょっと・・我慢してよねぇ・・』
と次兄は言った。

次兄が私に言った言葉の中には、一区間が13円で降りたら、もう1度支払う必要があると、
意味合いの言葉が含まれていたので、私なりに我慢をしていた。

私はどんよりとした曇り空り中で、皇居のお堀が観えた頃、
『もう無理だから・・降りよう・・』
と私は次兄に懇願した。

結果として、目指した数寄屋橋駅のひとつ手前の日比谷駅で降りた。

私は青白い顔で次兄に謝(あやま)り、
とぼとぼとお堀端を歩き、数寄屋橋のガートの近くの映画館に到着した。

映画は『朝な夕なに』であったが、
綺麗な白人女性の教師とトランペットを吹く生徒が心に残った。

後年になると、私としては洋画の初めてのロードショーであり、
綺麗な女性はルート・ロイベリックで、
映画の主題歌は『真夜中のブルース』が流行した、と判明した。


こうした私は都電で関して苦い体験をしたので、
この後も都電を観るたびに、苦手意識を持っていた。

その後、私は1960〈昭和35〉年の春、都心の中野にある高校に入学した。
京王線のつつじが丘駅か仙川駅から新宿駅まで乗車した後、
西口が5分ぐらい歩いた先に青梅街道の大通りがあった。

この当時は、この西口の大きなガード下に近い場所に、
新宿駅から荻窪駅までの都電の路線があった。
私は中央線の新宿駅から中野駅まで乗車することがあったが、
大半はこの都電の路線で通学していた。

新宿駅より混雑時には二両連列となり、新宿駅の街並みを離れ、
商店街の情景に変わったが、この区間の沿線に美術短期大学、女子高校等が三校あり、
私は車内で数多くの綺麗なお姉さんに気を取られたせいか、
乗り物酔いなどは忘れ去ってしまった。

私が卒業した1963〈昭和38〉年の春を過ぎて、まもなく地下鉄が開通して、
この区間の都電は廃線となった。

この間、私は青梅街道の都電の新宿駅の近くに『小田急デパート』(現在・小田急ハルク)が
1962〈昭和37〉年に開店したりしていたので、
やがて西口、周辺はどのように変わり果てるのか、私は戸惑いを覚えたりしていた。

そして新宿の西口の郊外にあった淀橋浄水場は移転された後、
後年に西口の高層ビル群、そして都庁も移転してきて新宿副都心として大きく変貌した。  


Posted by hagdG at 13:48Comments(0)

2012年03月09日

学習会「再生可能エネルギーが社会を変えていく」の概要と感想

仙台市で2月27日、弁護士の千葉恒久先生を講師に迎え、学習会「再生可能エネルギーが社会を変えていく」がひらかれました。

場所は、仙台弁護士会館でした。

この学習会では、チェルノブイリ原子力発電所事故後のドイツの歩みをたどりながら、再生可能エネルギーの実例が紹介されました。電力引取法が制定された1990年代以降に起こった「風車ブーム」にはじまり、太陽光発電の「アーヘンモデル」、バイオガスを利用した「エネルギー村」など。

千葉恒久先生の講義はドイツの話に終始しましたが、主催の脱原発ひまわりネットの弁護士からは日本について質問がありました。ドイツと日本の相違点や、今後の課題です。

海外では「日本人はなんでそんなにおとなしいの?」と不思議がられていると聞きました。しかし、私はそうは思いません。おとなしいのではなく"無関心”を装っているように感じます。もしくは"無邪気”なままの自分にとどまっていたいのではないでしょうか。

日本が再生可能エネルギーへ転換していくためには、彼ら"無関心層”をいかに関わらせるかが大きな鍵となりそうです。

千葉恒久先生は、たとえば自治体ではバイオガス、個人では太陽光を利用するといった「再生可能エネルギー」でやっていけるという実感を持つ必要がある、とおっしゃっています。私たち市民は、エネルギーヴェンデ(エネルギー転換)につながる活動をもりあげていかなければならないのです。  


Posted by hagdG at 19:07Comments(0)